こんばんは、アマザトです。

人生がうまくいかない時、すべてのことが嫌になり、毎日がつらく感じます。
そしてうまく行かない理由がわからないから、同じところをグルグル廻る。

そんな悩みがある方のために、現状を脱出し流れやツキをつかむ為の記事です。

うまく行かない時にはある事が原因でうまく行かないのです。

うまく行かない原因とは?

原因は正しいやり方で人生を作っていないからです。

例えばカップラーメンを作るのにも正しいやり方があります。

お湯を沸かしてカップラーメンに注ぎ三分待つだけです。
人によっては二分半のほうが好みだったりもありますが。

でも間違ったカップラーメンのつくり方もあります。
間違ったカップラーメンとは美味しくなくて食べれない状態です。

・お湯にならないうちにカップに注いで三分待った

・お湯を注いで十五分待った

これだと美味くできるわけねーだろ!と誰でもわかります。

人も同じで良い状態になりたい場合、正しいやり方が必要なのです。

正しいやり方とは?

じゃあ正しいやり方は何なの?と思いますよね。

人生をうまく行かせるには、ある事を正しい考えに変えてゆく必要があります。

それは自分に対する考え方です。
自分を価値ある存在だと認め、
自分に対する考え方を整える必要があります。

自己評価とも言えますね。

とにかく自分に対する考えが良くないと良い人生にはならないのです。

人生の質と自己イメージの質は比例するのです。

つまり自分ていつもダメな人と考えるのは、
水を入れて美味しいカップラーメンを作ろうとしてるのと同じことなのです。

めちゃくちゃ無理があるのです。

 

多くの人は水とまでは行かなくても、わりとぬるま湯を注いで五分待つみたいなやり方を人生でやっているのですよ。

マジか!?と思ったら、自信がある人と自信がない人とどっちが活き活き人生を過ごせるか簡単にわかるでしょう。

何故自分に対する考え方が悪いと人生が良くならないのでしょうか。
あなたは現状をなんとか変えたいとこの記事を読んでると思います。

自己評価が低い状態では現状を変えるパワーが出ないのです。
現状を変える場合、今までの自分以上のエネルギーが必要となります。

高いステージにジャンプする時はこれまでのジャンプ力では届きません。

自分に対する考え方が良くないと、自分は高いステージにジャンプしても届かないと考えてしまいます。
もしくは、何回か試してみて諦めてしまいます。

自分に対する考え方が良い人=自己評価が高い人もジャンプしても失敗したりします。
ただこの後の反応が違うのです。
自分ならいずれ次のステージにジャンプできるようになる!と信じているのです。

心にある抵抗

あなたの人生は思うように進まない時は、心の中に抵抗があります。

この心の抵抗は専門的にはメンタルブロックと呼ばれたりします。

このメンタルブロックの正体は悪い思い込みです。
別の言葉で言うと無意識にしてる悪い考え方です。

無意識でやっているので自覚がないところがやっかいなのです。

例えば一人でご飯屋に入れない人がいます。
普通にお店に入れる人からすると、え?何で?と思うかもしれませんが、
お店に入れない人はその行動が取れない考え方あるのです。

「行ってみたいけど怖い」と言った不安、もしくは何かのせいにしていく必要がないと自分で納得します。

このメンタルブロックと言うものは思い込みなので、無意識の領域にあります。
なので本人はその行動を制限する考えがなんなのかわかってないことも多いのです。

思い込みの状態は「事実だから仕方ない」と言う感じです。
思い込みとはその考えを疑っていない状態なのです。

頭が悪いと思ってる人は「事実だから仕方ない」と思い込んでいるのです。
頭が良くなりたいのに、この悪い思い込みがあると勉強して変えて行こうと思っても元に戻ってしまうのです。

これが「自分は価値がない人間だ」
と言う思い込みだと、どうしても人生がうまく行かないようになってしまうのです。

逆に「自分は価値がある人間だ」と良い思い込みを持っていると、同じようにうまく行くようになるのです。

 

悪い思い込みの外し方

じゃあなんとかその自分に対しての悪い思い込み(メンタルブロック)を外したいと思いますよね。

悪い思い込みはネガティブな気持ちになった時に作動しています。
その時に頭のどこかに悪い思い込みが隠れています。

不快な気分になった時、自分の価値を低くするような考え方をしなかったか頭の中を探してみてください。

人はいろいろな事に嬉しくなったり、傷ついたりしますが、
自分の存在が大切にされたか、軽く扱われたかが根っこにあったりします。

この悪い思い込みが作られたきっかけは、嫌な出来事があって自分を次回から守ろうとしてくれたことです。

例えば誰かの為に誕生日プレゼントを買ってあげたら、
「それ持ってる」と言われて、”プレゼントは人にあげるもんじゃない”という考えを持ったりします。
自分でも忘れている記憶の中にあったりします。

次から傷つかないように学習したのです。
もちろん不快なトラブルを回避するのに必要です

ですが人生を変えたい時にも「また傷つくぞ」と頭の中でささやくのです。
そうすると行動できずに同じところに留まり続けることになります。

行き過ぎると自己否定になる悪魔のような声ですが、もともとはあなたを守るためだったのです。

あなたの行動を制限する考え方は思い込みなのです。
それは客観的事実ではなくて、主観的な考え方なのです。

「私は可愛くない」は客観的事実ではなく、
「私は可愛くない」と考えている自分がいるだけなのです。

※ちなみに他人の意見も客観的事実ではなく、個人の感想です。

 

思い込みは発見できれば、その瞬間から思い込みではなくなります。
思い込みとはその考えを疑っていない状態と言いました。
今まで当たり前にしていた考え方を疑うことができれば、別の考えを選ぶこともできるのです。

無理やり突っぱねるのではなく、悪い思い込みにすら感謝して新しい考えに移行する感じの方が負の気分になりづらくベストです。

 

自分に対する悪い思い込みを外す3ステップ

  1. 「私はダメだ」と自分の中で思い込んでいたと気づく
  2. それは思い込みだったので今日から別の良い考え方を選ぶ
  3. 「私は少しずつ良くなってっている」私はこの考え方を選びますと自分自身に言う

自分を苦しめていた悪い考えが良い考えに取り替えることができたら、
変えた分だけ心が楽になるし、人生の質も上がるのです。

「可愛くなる」を例に言うと、
今まで着ようとしなかった可愛い洋服を着てみようと思ったり、
可愛くなるためのお手本のような人が目に入ったり、情報が目に入ってくるようになるのです。

脳科学でも意識が変わることで、脳が無意識に集める情報が変わると言われています。
肌荒れが気になる時は、いろんな人のお肌の状態を見てしまいます。

自分の意識の中にあるものと同じをものを脳は見えるようにするのです。

考え方を変えてもしばらく時間が必要

自分に対する考え方を変えることができたら人生に変化がやってきます。

その前に気分が良い状態になります。
気分が良さで自分に対する考え方を変えることができたとわかります。

変化はゆっくり変わることが多い気もしますが、
酷い考え方が良い考え方に変った時は劇的に状況が変わることも少ないかなと思います。

この時に良かったり悪かったりを繰り返しながら、徐々に良くなっていきます。
一気に右斜めに上がってくと言うより、上がったり下がったりしながら底上げされてゆく感じです。