こんにちは、アマザトです。

幸せと自分を大切にすることは、繋がっています。

人間として数値で測られることが多い世の中です。

この数値が自分の存在価値だと思っていませんか?

今回は数値と存在価値のお話です。

数値とあなたの存在価値

あなたは自分の存在価値をどうやって決めていますか?

おそらく「自分の仕事の立場は大したことがない」「僕は勉強ができない」などで自分の立ち位置を判断したりします。
「趣味だと結構すごい」とか、または「お金が少ない」「SNSの繋がりが少ない」などなど

いろいろな物差しであなたを判断しています。

多くのものが、数字、数値で測れるものだったりします。

お金、成績の数値、身長や体重(見た目)をはじめ、現代だとSNSの登録者人数などもその人のステータス、スペックとして、その人を測るものになっています。

とにかくあなたはいろんな数字で自分と言う存在を決めています。
人とこの数値を比較して、自分の素晴らしさを決めていると言ってもいいでしょう。

ほとんどの人達はこの数値が良くなれば、幸せになると思っています。

数値は上がれば確かに、幸せな気分になりやすいと思います。
強い人はどんどん強くなり、自信をつけてゆきます。

ですが、ほとんどの人達はこの数値がさほど良くならずに苦しみながら生きています。

数値が良くない自分には価値がなくて、それでは幸せになれないとほとんどの人が頑張っています。

数値は中立的なものですが、誰かと簡単に比較できるので、その数値で自分の存在価値を決めてしまうと、自分を苦しめる原因となります。

自分を素晴らしい存在だと思えないカラクリ

数値は高い人は高くなり、低い人は低くなり、格差があります。

人間の社会がいかに数値で動いているかがわかります。

数値が良くない人は自己採点、自己評価をした時に、50点とか30点とか低い点数をつけてしまいますよね。

ここに多くの人が理解していない罠、落とし穴があります。

 

あなたは命としては完全な存在です。あなたが置かれた立場は関係なく命は完全です。

ですが、この数値を理由に低い点数を自分自身につけたらどうなると思いますか?

「自分の命は欠陥があります」と言う解釈になるのです。

自分の社会的立場から低い自己評価をしたとしても、「自分の命は30点」だと脳は受け取るのです。

あなたの命を維持している潜在意識に、自分の命は30点だと暗示をかけているのと同じです。

どの命も100点満点であり完全なものなのです。完全でなければこの世に誕生すらしていないのです。

今地球は廻っています。
この地球の画像を観ていると、いかに自分たちが不思議な場所に生きているか感じれるはず。
NASAのYOUTUBE動画で地球のライブ動画を観ることもできます。

もし地球の美しさに感動が起きたら、命が完全なものであると言う事が伝わるかなと思います。

30点の命だと30点分しか力が発揮できなくなります。
足りない70点分他人の意見が入ってきて、自分の人生を乗っ取られてしまっているからです。

人生を良くしたくても、自分の命が30点と暗示をかけている状態では、人生を変える力が出てきません。

社会的な数値がいくつであれ、自分の命は完全であり、100点満点なんです。

あなたは無条件で素晴らしい存在

人間の本当の価値はこうした数値では決まりません。
本当のあなたはこの数値で測れない存在なのです。

このサイトで一番伝えたいことのひとつは「無条件であなたは素晴らしい存在」だと言うことです。

ここで言うあなたは命としてのあなたです。社会の中にいるあなたではありません。

あなたは命として完全な存在です。
生きている訳ですから、命として考えると100点満点です。

自己肯定感が非常に高い人は、こういう考え方をしているのです。

逆説的に言うと、自分の命が完全で100点満点だと言う事が理解できれば、あんなに上がらなかった数値も自然と良くなってゆきます。

それは自分の命を100点満点だと思っているので、100%の生命力が発揮できるようになるからです。

数値で自分の存在価値を測っていたら、自分の命は100点満点だと思い出してください。

順番が逆でまず土台となる自分の命が100点満点であると認めることが先です。

社会的な数値は一過性のもので、安定していません。
それは無常であり、ある意味幻想でもあります。

いつかこの世を去る時には、どうでもいいものです。

変わらないのは、あなたの中にあるものだけです。
あなたが好きな風景、あなたの大切な人たち、あなたが嬉しかったこと。
あなたが愛する気持ちは数値で測れません。

ある日、あなたはお母さんから生まれました。
あなたの素晴らしさや存在価値は数値では決まりません。数値は二の次です。本質は数字では測れないんですから。

あなたは世界の希望として、素晴らしい存在として、この世に生まれました。

あなたは今でも、生まれた日とまったく同じ存在価値だとこの記事で伝わったら嬉しいです。