こんにちは、アマザトです。

今回はトラブルが起こる本当の原因は何か?
トラブルや病気と言ったことが起きた時にどうするか?

というテーマで記事を書いてゆきたいと思います。

トラブルにはいつも真の原因があります。
その原因とはなんなのでしょうか?

トラブルや病気は本当の自分からのサイン

人間は生きているといろいろありますよね。

時にはトラブルに出くわしたり、体が不調になったり、病気になったりすることもあります。

トラブルと言ってもいろいろな形のトラブルがあります。

人間関係のトラブルや金銭関係のトラブルが多くのトラブルかなと思います。病気もトラブルですね。

トラブルが続く人は、偶然嫌なトラブルや事故にあっているのでしょうか?

じつはトラブルは「その考え方が違うよ」というサインなのです。

トラブルは間違った考え方が原因です。

宇宙も人間も調和の性質を持っています。

考え方が良くないと、良くない出来事が出てきてしまうのです。

考え方が利己的だと、必ずトラブルが起こるようになっています。
良くある話で、自分の利益ばかりを考えて、相手の気持ちを踏みにじったりしていると、自分が苦しむことが起こります。

周りの人から反感を食らったり、孤立したり、思わぬ復讐を受けたりすることになるのです。

このトラブルが起きた時に、「このやり方、考え方ではダメなんだ」と気付かないとさらに大きなトラブルに見舞わられることになります。
トラブルがあっても、「あいつのせいでこうなった」と人に責任を擦り付けていると、さらに酷いことになるのです。

不調和な考え方から調和的な環境は出てこないのです。
それは無理があります。

これはサインなんですね。自分の一番奥にある領域から出ているサインです。

トラブルは今の自分と本当の自分がかけ離れていると起こるのです。

その不調和な考え方では幸せに生きれないよ!という本当の自分からのサインなのです。

病気も本当の自分からのサイン

病気も考え方が間違っていますよ!と言うサインです。

人間は自分の良くない思考によって、不安になったり、怒ったりしています。

これがストレスとなって、自分の体の弱い箇所が調子が悪くなってしまいます。

くよくよ悩んでいると胃が調子悪くなるように、考え方と体は密接に繋がっています。
感情は身体的な反応なので、胸が締め付けられたりするような事を日頃考えていると、そこに病気が現れたりするのです。

精神状態が悪いと体も調子が悪くなるのは常識です。
精神状態が悪くなるのは、思考習慣に原因があります。

やはり病気も「もっと調和的な考え方をする必要があるよ」という自分の内部からのサインです。
薬で治したとしても、考え方を変えないと、また同じところに負担がかかり続けるので、良くないのです。

考え方を変える

トラブルも病気も考え方、思考習慣が歪んでいるからだと理解できたと思います。

トラブルが小さいうちに、「自分の考え方が良くないからこうなったんだな」と気付くことができたら、次からそのトラブルは起こらないようになります。

嫌な出来事があった時に、自分の思考がどう反応したかを思い返してみます。
すると何か自分の中に自分勝手な考え方が、隠れているはずです。
その自分勝手な考え方が、トラブルと言った形で出てきたのです。

その利己的、自分勝手な考え方が変われば、次から似たようなトラブルは起こらなくなります。

自分勝手な考え方から感謝する考え方に変れば、良い事が起こるようになって来ます。

この時に思考内容と環境の関連性を感じるはずです。

例えば、感謝の気持ちがまったくない人の事を考えてみてください。
あなたが助けてあげたのに文句を言っていたらどう思いますか?
次から関わりたくないですよね。
そういう人は人格のせいで、そこらじゅうでトラブルを起こしているのです。

基本的に全部自分の考え方が原因

ただここで気をつけないといけないのが、人のせいや環境のせいにしてしまうことです。

 

人のせいにしていると言うことは、自分の思考に問題があって、トラブルが起こったことに気付いていません。
なので自分の考え方は変える必要がないと思っているのと同じなのです。

人のせいや環境と言った外部のせいにしている限り、その人の不調和な考え方は、トラブルを起こし続けます。

気付かないとトラブルはどんどん大きくなってゆき、最後にはその人自身を破滅させてしまいます。

自分の人生を破滅させてしまった人は、自分の考えによって壊してしまったのです。

人や周りのせいにしないで、自分の思考がトラブルの原因だと考えるのは、大変だと思います。

「なんであいつが悪いのに、私自身の考え方のせいなのよ!」と思うかもしれません。
でもその考え方のままだと、また別の人で似たようなトラブルが起こる可能性があります。

ですが、あなたは考え方と起こる出来事が関係あるとなんとなく気付いているはずです。

ゲームだと思って、別の考え方をしてみるのです。ではどんな考え方に変えればいいのでしょうか?

 

調和的な考えを持つ

調和的な考えを持つことが大事になってきます。
調和的な考えとは、
感謝が根底にある考え方のことです。

 

ありがとうという調和的な考え方が、トラブルを避け、心地良い環境を作ります。

感謝の気持ちが心に流れている人は、見えない何かに守られているのと同じと感じます。

特に人間関係は感謝が足りないところから、トラブルが起こって来るものです。

感謝は身体をゆったりさせる働きがあるので、血流もよくなり健康にも良いのです。

感謝の習慣がついたらこっちのものです。

これからも突発的なトラブルが起こるかもしれませんが、自分の思考に原因があると知っていれば、しっかり対処できて、大ごとにならず丸く収められるはずです。