こんばんは、アマザトです。

人は目に見えるものしか信じない人達も結構いますよね。

今回は目に見えない領域の話です。

スマホの電波も見えないものです。
目に見えないものは信じないと思っている人も、電話を使ったり、インターネットを使ったりしています。

電波を見えないからって存在しないと言う人がいるでしょうか。

他にも太陽から放たれる紫外線、レントゲンで使われるX線なども目に見えないものです。

これだけで世界は目に見えないものもあるとわかると思います。

目に見えない領域も存在する

この見えないものの中にはエネルギーもありますよね。
エネルギーがたくさんある人は、いろんなことができますよね。

人間で言うと見えないエネルギーは元気と言えます。

人間の精神エネルギーは現実です。

何故ならそれは形と変換できるのがエネルギーだからです。

見えない領域・・・つまり心の中の想像を本物と感じた時に生まれるエネルギーは、本物と交換可能と言うことです。

そのエネルギーは自分の中に良い感情が発生したかどうかでわかります。
見えない領域に大きいエネルギーを発生させることができれば、その大きいエネルギーは目に見える領域を変えてゆきます。

心にパワー、エネルギーがある時、外に溢れるようになって来ると言うことです。
最初は顔の表情や姿勢に現れたり、しっかり話したりするようになります。

そして次第に自分の周りの環境になって来ます。
例えば「もう少し部屋をキレイにしようかな」と思ったり(エネルギーがないと部屋は散らかります)新しいことを始めてみようかなと言う気分になったり。

始めは自分の半径3メートルくらいから変わって来て、やがてその人の住む世界が変わって来ます。

ただこの時に自分の中のエネルギーを消してしまうと、変化が止まってしまいます。

見えない領域を現実と理解する

宇宙の法則の観点だと、リアルさを伴ったイメージも現実なのです。
それは目には見えないけれど、見えない領域で別の形で存在しています。

この見えない領域を現実の一部と認識することが大切です。

この記事の前半で、電波も紫外線も見えないものだと言う話をしました。
電波も紫外線も現実と理解できるなら、この思考が放つエネルギーも現実だと理解できるはずです。

あなたの理念とか方針も見えない領域に現実にあるものです。

例えば「時間に遅れない」と言う理念、考え方を持っているとしたら、その通りに行動しますよね。

あなたは見えない領域にある理念を元に日々を生きているのです。
その理念は現実にあるものだと簡単に理解できるはずです。

この理念や方針と言う目に見えない集合体があなたの人格であります。

見えない領域もめちゃくちゃ現実なのです。

すべてはこの見えない領域が現実のものだと理解できるかにかかっています。
「見えない領域を現実だと信じる」だと正直弱いです。
信じると言う時は疑いを晴らそうとしている感じです。

あなたはスマホの電波は見えないけど、すでに現実のものと理解できています。
それと同じように、見えない領域も現実のものと理解するのです。

見える領域は制限が多いので、見える領域だけを信じて生きている人は、苦しい思いから逃れられません。

見えない領域こそが見える領域の源なのです。
順番は必ず見えない領域の方が先です。
見えない領域の思考、イメージが物事の原因で、見える領域はその結果です。

順番が逆

多くの人がやっているのは、見えるものを見て、見えない領域の思考をしています。
・上司に怒られた⇒やっぱり自分はダメなやつだ(落ち込みやる気がなくなる)⇒また上司に怒られる
と言う順番になっています。

この順番だと制限が多いので、見えない領域にある思考やイメージは制限されたものになります。
・自分は素晴らしい(パワーが出る)⇒周りの見る目が変わる⇒自分は素晴らしい⇒

内側から外側が基本です。
負のループは外側から内側になりやすいです。
見えるものに気分を左右されるので、一喜一憂状態になります。
人の態度とかコントロールできないので、人の態度や発言で常に自分が振り回されます。

 

見えない思考やイメージが原因です。外側には結果しかありません。
だから今日あなたに見えている世界は、過去の考え方、観念が作ったものなのです。

原因は常に見えない領域にある考え方や観念です。
その考え方に応じてそれ相応のエネルギーが発生して、自分の身近なところから変化してゆきます。

見えない領域、つまり潜在意識の中に思考、実現後のイメージがあるかどうかで、自分の中から湧いてくるエネルギー決まります。
実現後のイメージをした時に嬉しい気分になると、それは環境を変えるエネルギーになるのです。

ちなみに一番強いエネルギーが生まれる時は自分を肯定して愛している時です。
小さなことに囚われずに、自分を大切にしている時、自分らしいと本能的に感じるはずです。

自分を肯定して愛することができると、世界が優しく輝き出します。
それは自分の心の中にエネルギーが湧いてくるからです。

お気づきの通り、この生命エネルギーの正体は愛です。

その時にあなたの本来の豊かさが発揮されはじめます。
豊かさは経済的なもの、人間関係、健康などが正常化されてくるのです。

在るべき自分の姿に戻ると、在るべき環境に戻って来るのですね。

宇宙と繋がった感じがして、物事がうまく廻りはじめます。

「そうは言っても実際酷い状況なのに、落ち込まずにいられるか!」
と言いたい気持ちはわかります。
不安で誰も助けてくれない時のつらさは僕も味わったことがあります。

ただ心配やイライラはエネルギーがただ消費されるだけで、状況は良くなりません。
心配にエネルギーを注ぐ分、自分の良い未来にエネルギーを注いでもらいたいのです。

大変な境遇の中にいても悲観すると、希望が失われてしまいます。
人間が自ら命を絶つ理由は「お金がない」「人に裏切られた」などの目に見える理由からではありません。
人が自ら命を絶つ理由は希望が失われたからです。

1年後が良い日々になっているとわかっていたら、人間は今日の辛さを越えてゆけるのです。
他人から見て恵まれてる人でも自殺する人がいます。それは希望が失われたからです。

希望も見えない領域にある現実的なものです。

うまく現状を反らして、イライラしないすることが大切です。
現実なんて直視する必要がありません。
宇宙の法則は現状を受け流してゆく事が重要なのです。

現実を直視する事は、逆暗示になってしまうと言うことです。

あなたの中の良いエネルギーが多くなるほど、環境は良い方向に変わってゆきます。
感謝などの良いエネルギーを持ったまま、良い環境にならない方が不自然ですよね。
逆に自己否定感を持ったまま良い環境を創るのも難しいのです。

悲観したりイライラすると、良き未来を創るためのエネルギーが消えてしまうのです。

本当につらい時は星空を見上げてみてください。

ただ何も考えずにただ星の煌めきを眺めている。
それだけで、心が回復して来ます。

何も考えないと、それだけで心は回復するんですよ。

さいごに

今回は見えない領域は現実に存在すると言うテーマでお届けしました。
世界全体は悪いほうにいきなり激変してしまいました。
ですが、あなたの世界を決めているのは、あなた自身の心です。

親や友達の意見、先生や専門家の意見、世間の常識やニュースやネットの意見に流されないでください。

被害妄想が作り上げた悪魔の言葉を信じて、僕は何が本当かわかりませんでした。
死んだほうがいいと思っていた日々の向こう、僕はここに今生きています。
悪魔の声は他人の評価や意見を気にする自分の気持ちで、悪魔なんて始めからいませんでした。

あなたの心だけが本能的にあなたの行くべき答えを知っています。
心を澄ませてゆけば、必ずその答えは得られるのです。

他の人はあなたの答えを知りません。答えを知っているのはあなただけです。

あなたの世界を創っているのは、あなた自身の思考であり心です。