こんにちは、アマザトです。

今回は孤独感、疎外感の原因について書いた記事になります。

本当の自分から離れると分離感が起きると言うお話です。

人はひとりぼっちだったりすると寂しくなります。社会から外れてしまうと疎外感を感じたりもします。この孤独感や疎外感は他のものと分離している感じると言う感覚です。

この他のものから分離している感覚は、本当はないものなんですけど、本人にとっては現実にしか思えません。

本当の自分から離れると分離感が強くなる

この孤独感や疎外感でもある分離感ですが、何が原因で起こるでしょうか?

それは自分との折り合いの悪さです。

自分を大事できていないと、世の中から自分だけが切り離されているような感覚になります。
自分の心の扉が閉まった状態になっているんです。

自分と折り合いが悪い人は、外側とも折り合いが悪くなるものです。
何故なら自分自身を外側に投影しているからです。

つまり自己否定感を自分に持っていると、外側と自分に壁を作ってしまうんです。
外側は“自分を傷つけるかもしれない怖いもの”と考えると、距離を置きたくなりますよね。
でもそうすると、孤独や疎外感といった「自分とそれ以外」に分断を感じてしまうようになるのです。

分離を感じている時に、人は他人から愛されたいと思いますが、他人から愛されることは難しいのです。
何故なら心の扉が閉まっていているからです。

ですが孤独に悩まされている状態は仮の状態です。本当のその人はその状態ではありません。

自分をくだらない存在だと思っていると、世界や他人、人生もくだらないと感じます。
自分を素晴らしい存在だと思っていると、世界や他人や人生も素晴らしいと感じます。

自分を価値がない存在だと思い込んでいると、そういう風になって来ます。
自分との関わり方が悪いと分離と言う幻想が現実に見えて来ます。

大切なことは、自分を愛しているかどうかということです。

この分離感は本当の現実ではなく、あくまで感覚です。幻覚を見て本物と思っている状態です。

そんなことない!私は本当にそういう状態なんだ!と思うかもしれません。

確かにそう信じているなら、現時点ではその人はそういう現実にいるのかもしれません。

ただ自分との折り合いの悪さを解消することができたら、分離感は消えてしまいます。
完全に消えなくても、自分を大切にするにつれて、分離感が薄らいでゆくはずです。

自分自身を大事できるようになったら、今まで見ていた分離された現実がじつは幻想だったと理解できるのです。

頭がおかしくなって、幻覚を見てその場所にいたんだなと言う感じです。
僕も昔そうだったので、わかるのです。

自分を大切にできていない時、被害者の立場で生きています。
自分が苦しいのは過去の出来事のせい、あいつのせい、○○のせいと考えていたら、被害者の立場で生きています。

そう考えると、いろいろなものから自分を分断してしまうのです。

人を悪く思っていたり、恨んでいたりしていても、分離感が出てきます。

分離感を癒すには、自分自身を大切にするしかありません。

全世界を自分を愛の中で包んでしまうイメージを持つのです。

自分を大切にすると一体感が生まれる

自分を大切にすると分離感が減ってなくなってきます。

孤独感や疎外感は、自分の歪んだ感じ方から生まれた歪んだ感情なのです。

自分を大切にできるようになると、他者も大切にできるようになって来ます。
自分の命を大切にできる人は他人の命も大切に思うようになります。

自分と世界は同じものです。
世界が自分の心、観念が映っているものだからです。
自分=世界と言うことですね。

本当に自分でいることができる時、人は世界と一体感を感じます。

自分を愛することができると、全体が自分の愛の中にスッポリ入ってしまう感じがします。
他人を傷つけると自分が傷つきます。それは、自分の世界の一部分を攻撃しているのと同じなのです。

世界がつまらないのは、自分がつまらないからです。

同じように世界が愛に溢れているなら、自分に愛が溢れているのです。

その時に分断されているものが、本当はないんだなと気付いてくるでしょう。

すべては同じ場所から生まれてきました。すべては無限分の無限であり、ひとつのものなのです。

自分自身を大切に

今現在、自分は孤独だと感じている人は、自分を大切にしてほしいのです。
もう傷つきたくないと、心の扉を閉めているといつまでも孤独の気持ちは消えません。

簡単ではありませんが、少しずつ自分を大切にすると言う気持ちを育てて行ってください。
心の扉は少しずつ開いて来ます。すると自分は世界と繋がっていてひとりではなかったと気付いてくるはずです。

心を閉ざしていると、誰もその人を大切にしようと思いません。
心を閉ざしている時、相手も話しかけにくいのです。

自分を肯定できるようになってくると、笑顔が増えるので、仲間も集まって来るものです。

この世界で幸せに生きるために必要なことはいくつもあります。
でも一番大切なことは、自分自身を大切にすることです。
自分の存在を愛すること、自己を肯定することですね。

それは自分以外の誰かを愛することにも繋がります。
自分が孤独なのにどうやって相手を愛することができるでしょうか。
心の扉が閉まっている状態では、愛は出てゆかないのです。

自分を大切にしていると、周囲の人達が優しくなってくるのです。
でもそれはあなたがみんなに対して心の扉を開けたからなのです。

そしてその時の状態が、本当の状態です。

いつかあなたも気が付く時が来ると思います。
分離と言う妄想を現実だと思い込んでる人間がいるだけで、分離している存在などこの世に誰もいないと言うことに。