こんにちは、アマザトです。

今回は引き寄せの法則のやり方で間違いやすいところと言うテーマの記事です。

なんかいろいろ願っているのに、上手くいかないなぁと思った人は参考にしてみてください。

愚痴ばかりの人が愚痴りたい現実と出逢うのは当然

引き寄せの法則は自分の発するバイブレーション(波動)と同じものが、時間差で現れるという法則です。

つまり自分が楽しいと言うバイブレーションを発していると、楽しいものが引き寄せられて来ると言うことです。

逆につまらないバイブレションを出していると、つまらない現実が目の前に確実に現れます。

愚痴ばかり言ってる人の毎日が楽しくないのは当たり前です。

不平不満や愚痴ばかり言っていて、楽しい毎日になったらおかしいですよね。

不満をいつも口にしている人はそれを本当だと思っています。
自分が何かのせいで不満な状態にあることを現実だと思っています。

なので、それはその人に現実として現れているのです。

物事に対して不平不満を感じる癖を脳の中に持っているのですね。
そうすると、反射的に物事を悪い方から見るのが当たり前になってしまうのです。

脳が反射的に愚痴を言える条件を探しているのです。
無意識に探している状態ですね・・・

不平不満がある時は、自分が被害者の立場になります。

被害者のまま充実した人生を送るのは、難しいと誰でもわかるはずです。

感謝や愛を持って生きている人が、愛の溢れる現実と出逢うのは当然

逆に感謝の気持ちを持っていたり、満たされる考え方をしている人の毎日は楽しいものになります。

自分の考え方の中に愛があれば、おのずと現実が素晴らしいものになって来ます。
それは愛を通して世界を見ると、素晴らしい世界に見える、実際その人にとって現実なのです。

他人や世間の声に自分がブレない人は、自分で幸せな日々を創ってゆくことができるのです。

その気持ちで過ごす毎日は、幸せで満たされたものになるし、さらに良くなってゆきますね。

自分の人生を充実するものを無意識に探している状態ですね。

この場合、自分の考え方で毎日を良くしているので、自分が創造者の立場になります。

周囲に振り回されずに、自分で自分の軸を持っていてブレない人は幸せかどうかを自分の心で決めています。

こう見ると当たり前に思うはずです。

画像は同じ女の子ですが、もしパラレルワールド・・・違う世界にいたら、全然違う人生を歩むに違いありません。
見た目は同じでも心、考え方が違うのです。
良い考え方をしていると、良い現実が現れるし、悪い考え方をしてると、悪い現実が出現します。

我欲で願うとうまくいかない

この引き寄せの法則で何かを願ってもうまく行かないって人がかなり多いのは事実です。

引き寄せと言う言葉を聞くと、自分の欲望を埋めるためのものに感じるため、そう願うのかもしれません。

・お金を引き寄せたい!○○万円引き寄せたい!
・彼氏、彼女、結婚を引き寄せたい!
・車やブランド品を引き寄せたい!

こういう動機で引き寄せの法則を発動させようと思っていませんか?

こういう動機の場合、欠乏感が動機になっていることが多いのです。

欠乏感を埋めようと言う動機で、願うとうまくいかないのです。

欠乏感と言う不満バイブレーションが出ているからです。

なので不満な状況が引き寄せられて来ます。

自分を肯定できていないと、人生に満足を感じることは難しいですよね。

ですが人はこの人生に満足できていない理由を理解できてる人がどのくらいいるでしょうか。

人生に満足できていないと、外部の何かで満足を得ようと考えます。

・お金を引き寄せたい!○○万円引き寄せたい!
・彼氏、彼女、結婚を引き寄せたい!
・車やブランド品を引き寄せたい!

こういう願いは不足感があるから出てくる願いとも言えます。
自分の不満を埋めるための動機だと、満たされてない波動が出るのです。

「これらが引き寄せられれば、自分は満足するのに!」

これらは我欲なのです。
我欲で願うと不満のバイブレーションを発することになります。
強引に手に入れる事もできますが、満足は長く続かないのです。

我欲 自分自身の利益ばかりを求める欲望のことを幅広く意味する表現。 利己的で自己本位であるようなのこと。

Weblio辞書

自分を愛する、感謝の念を持つ

欠乏感がある理由は、本当は何が足りないのか知らないからです。
足りないものは自分に対する愛です。

自分を愛する事・・・自己肯定感を持つことで、人生は満足できるようになって来ます。

人間は自分を愛することができないと、別のものでそれを埋めて安心しようとするんです。

それが彼氏や彼女かもしれないし、多額の収入かもしれません。
それらで自分の価値を満たしたいと思うのです。
一時的に満たされることはありますが、外部のものは変わったりするので、自分の目の前から消えてしまうこともあります。
それだと、また安心感を探して、旅に出ないとならないのです。

自己肯定感を持つと、自分の中で人生に満足感が出て来ます。

その満たされた状態で、出て来る願いは神の願いです。
つまり、あなたがその願いを叶えると世の中全体が向上する願いです。

その時、愛する人に出逢いたいと言う願いも、成功したいと言う願いも欠乏感、不足感から出て来る願いではなくなります。
自分の心から愛を拡げたいと言う気持ちになります。

動機が愛になるのです。愛のバイブレーションこそが素晴らしい愛の世界を引き寄せます。
いや、引き寄せると言うより、自分の内側から出てくるのです。

満たされて溢れているからこそ、感謝が出てきます。

本で「手に入れたと信じなさい」という言葉を読んだことがありませんか。

手に入れたと信じる状態とは、感謝に溢れた状態で願うと言うことなのです。
祈りは要求ではなく、自分の見えない領域に願うものが実在していると認め感謝することなのです。

自分を愛することが愛のバイブレーションを最大で発する方法であり、素晴らしい人生を現すためのキーポイントなのです。